防犯・監視カメラの映像は事件解決にもつながる

スポンサードリンク

防犯・監視カメラの存在は、それほど新しいものでもありません。

結構な昔から主として会社や事務所を始め、公共の施設、お店などの各種店舗などに
設置
されておりまして業務用の目的として使われていました。
もちろんこれらの利用目的は出入りする人物の特定や記録、挙動の監視などになります。

防犯・監視カメラのとらえた映像により刑事事件を始めとしていろいろな事件の解決になった実例は
山ほどあります。
テクノロジーの進化によって「防犯・監視カメラ」も小型化した上に低価格化も進みました。

家庭用電気機器なみの扱い易さ(操作性など)もあってか、一般の家庭でも防犯・監視カメラ
設置している家庭が増えてきております。防犯・監視カメラの存在で未然に犯罪の防止
つながってくれたら設置した甲斐もあるというものです

防犯・監視カメラを家庭に設置する際のポイント

防犯・監視カメラ一般家庭に設置する場合には押さえておきたいポイントがいくつかあります。
それは「防犯・監視」といっても各家庭にとっては設置する理由や状況がさまざまだからです。

したがいまして、おのおのの家庭の事情に合わせた防犯・監視カメラ選びが重要です。
防犯・監視カメラの機種や性能、設置する数などが重要です。

簡単に家庭への防犯・監視カメラを設置する時の考え方のポイント
挙げますとこんなところでしょうか。

・家族構成
・子供や老人といった人たちだけで留守番が多いのか
・となり近所の家とは、どのような位置関係か
・家から駐車場までの距離
・駅や人通りの多い道に近いかどうか
・近所では最近、どんな犯罪が多いか
・近隣住民はどんな人がいるか

など。
これらはあくまで参考なのでその家の状況により検討ポイントも違うと思いますので
いろいろ設置するにあたっては検討してみてください。

なお、注意点しては防犯・監視カメラ設置にあたりご自身の家族の方はもとより、
近隣の方のプライバシーを侵害しないような設置をするようにしなければなりません。

SPONSORED LINK

スポンサードリンク

防犯・監視カメラの目的

カメラの種類の中でも特殊なカメラのひとつが「防犯・監視カメラ」になるでしょう。「防犯・監視カメラ」は文字のとおり、読んで字のごとく、防犯の目的が主な利用目的になり、その為に設置するものになりますね。